引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引越しの見積もりが高くなる時期、繁忙期と閑散期と通常期

引っ越しの見積もりが高くなる時期、安くなる時期

 

引っ越しの見積もりを依頼してびっくりするのがその金額の高さです。
引っ越しをするときに引っ越し先の事などについては意識が向きやすいですが、
当の引っ越しについてはあまり意識が回らず、
とにかく見積もりを依頼してみようということで見積もりをすると、
大体、その見積もりの金額が高額でびっくりします。

 

 

問題は、果たしてそれが本当に高額かどうかです。
引っ越しの見積もり料金というのは、
引越し業者によって違いますが、
実は基本的な料金はそんなに変わりません。
距離と荷物の量と条件が同じなら、
そこまで金額に違いが出ないのは引っ越し業界も同じです。

 

 

ただし、料金の比較は難しいです。
これはケースによって料金が変わるために一般的な金額を出すのが難しいからです。
ただ、単身パックなどは料金を出しやすい(量や枠が決まっている)です。
主な引越し業者の料金はこんな感じです。

 

日本通運
単身パックS 15000円〜

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
単身引越し 13000円〜

 

赤帽(東京)
引っ越し運賃2時間以内・20km以内 13500円〜

 

他にも引越し業者は山ほどありますが、
大手、中小にかかわらず、基本は見積もりをしてからになっています。

 

 

それぐらい引っ越しの料金を平準化するのは難しいです。
このため、「自分のケースならどうなのか」っていう目安がどうしても必要になります。
この時にポイントになるのは、
とにかく同じ条件で見積もりを複数の引越し業者から取ることです。

 

 

その重要性は分かっているけれど、
いちいちいくつもの業者とやりとりするのは面倒くさいし、
一括見積もりサイトだって山ほど連絡がくるのが嫌ってなり、
八方塞がりになります。

 

 

引っ越し料金を少しでも安く、
でも、手間は出来るだけ少なく、
そういう希望が最近多くなってきました。

 

 

そこで出てきた新しいサービスがこれ↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

少しでも依頼者の手間を省いて目的を達成するためのサポートを優先していて、
サポートセンターが仲介に入ってくれます。
一括見積もりサイトだけど、業者と依頼者の間に入って、
依頼者の希望に添って引越し業者に見積もりを出してくれる仕組みです。

 

 

ただ、ここで注意したいのは、そもそも引っ越しが安くなるような準備が出来ているかどうかです。

一括見積もりサイトを使ったとしても、安くなる要素が無ければ見積もりの金額はそこまで変わらない

引っ越しの見積もりが高くなる時期、安くなる時期

 

引っ越しの見積もりの価格を知ったときにびっくりしやすいとお話をしましたが、
そもそも「その価格は安くなる条件を満たした上での見積もりなの?」ということが大事です。
大抵はこちら側の要望を中心にして、
見積もりを出して貰っていることが多いです。

 

 

確かに繁忙期であれば見積もりが高くなりますし、
閑散期であれば見積もりは安くなります。
しかし、それ以上に「安くなる条件」を満たすことで、
同じように繁忙期でも安くなりやすく、閑散期ならさらに安くなる可能性が出てきます。

 

 

一番は荷物を減らすこと

引っ越し見積もり時にはあれこれと持っていく気になっているため、
見積もりを受ける時にもそれらが含まれます。
当然、料金も高くなります。

 

 

繁忙期であればトラックの手配の関係もあり、
余計に割高になりやすいです。
このため、特に大型の家電・家具については残す判断も必要になります。
これを機会に一つの断捨離と思うことで、
大幅に引っ越し料金を安く出来る可能性があるためです。

 

 

土日引っ越しを止めて、さらに午後からの引っ越しにすると良い

土日引っ越しを止めると言うことは、
会社を休むことになるかもしれません。
でも、会社を休むことで引っ越し料金が安くなるなら、
それだけ給料が増えたことになります。

 

 

これは意外に盲点なのですが、繁忙期であっても
平日というのは融通が利きやすいです。
一般的に引っ越し料金は「業者の融通の利きやすさ」が
料金に反映しやすいです。

 

 

このため、午前中よりも午後の方が安くなる要素として出てくるのです。
引っ越しの希望は午前が圧倒的に多いためです。
一番の方法は「日程・時間は業者さんに任せるので一番安くして」という方法です。
この方法はなかなか取れないかも知れませんが、
チャレンジする価値は相当あります。

 

 

上でもお話をしましたが、
引っ越しの見積もりは「素のまま」でやると結構高くなります。
でも、安くなるだけの要素を準備した上で見積もりを受けると、
同じ引越し業者でも見積もりが変わることがあります。

 

 

それと引っ越し時期もポイントになります。
いわゆる繁忙期時期というのがありますが、
これは3月中旬から4月上旬です。

 

 

この時期を外すだけでも金額が変わります。
この時期以外はいわゆる通常期と言われる時期になり、
規定料金がベースで割増割引が適用されます。
このため、繁忙期を避けることが出来ると大分違います。

 

 

また、閑散期にずらすことが出来ればなお良いです。
これは1月〜2月で一番引っ越しが少ない時期です。
時期を意識的にずらすことでも引っ越しの見積もりは変わってきます。

一通り準備してから、こちらの希望をサポートセンターに伝える

引っ越しの見積もりが高くなる時期、安くなる時期

 

普通の一括見積もりは大変だけど、
最近はサポートセンターのサービスを始めたところがある、
というお話を上でしました。

 

 

ここまで準備をした上で、
サポートセンターの人にいろいろと希望を伝えて、
見積もりを貰います。
これまではこれが出来ませんでした。

 

 

それぞれの家庭の事情がありますが、
引越し業者とやりとりをするのは基本的に個人です。
するとこちらが伝えたいことでもなかなか伝えられなかったりします。

 

 

また、果たしてその見積もりが普通なのかどうかも分かりにくいです。
そのために複数の業者から見積もりを取るわけですが、
他の業者に見積もりの依頼をするのは相当なパワーが必要です。

 

 

この引っ越しラクっとNAVIは依頼者が引越し業者とやりとりをするのでは無く、
サポートセンターが依頼者に代わってやりとりをしてくれる仕組みになっています。
このため、ストレスの掛かる状況が格段に減るわけです。
この金額が果たしてどうなのか、そういうことも含めて、
見積もりを取ることが出来ます。

 

 

また、見積もり後のキャンセルについても、
管理画面からキャンセル出来るので余計な手間も掛かりません。
見積もりを取るという点では、今の日本で一番進んでいるサービスと言えます。
今の自分の見積もりがどうなのかを相談してみるのも一つです。
考えることに疲れたら、相談されてみると良いです。
詳細はこちらから↓